妊活を成功させるためのコツを知ろう【葉酸の摂取が特に重要】

妊活に欠かせない栄養成分

サプリメント

平常時の2倍近い量が必要

近年では妊娠に向けて計画的な準備を行う「妊活」がブームとなっていますが、この「妊活」には妊娠に関する知識や心構えを体得するだけでなく、元気な赤ちゃんを産むのに必要な身体づくりも含まれます。そんな中、妊娠中、特に妊娠初期に欠かせない栄養成分として注目されているのが、葉酸です。葉酸はビタミンBの一種で、ホウレン草やアスパラガスなどの緑黄色野菜、いちごなどの果物類、レバーなどに多く含まれています。体内でアミノ酸や核酸を合成するのに重要な働きをしており、新しい細胞を生み出すのに欠かせない物質です。葉酸の必要摂取量は、成人男女の場合で1日当たり0.20mg、推奨摂取量は1日当たり0.24mgとされています。これは、標準的な食生活を送っていればクリアするのにそれほど困難な数値ではありません。ただ、妊娠中の女性にあっては、この2倍近くとなる0.40mgの摂取が推奨されています。葉酸の意識的・積極的な摂取は、「妊活」における大切なポイントの1つとなります。ここで気をつける必要があるのは、葉酸の摂取が特に重要となるのは胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期(4〜12週)だということです。そのため、葉酸不足に陥らないためには、妊娠の計画段階から積極的な摂取を心がけるようにします。また、出生後の赤ちゃんにも健やかな成長のためには葉酸が欠かせませんが、その際、葉酸を補給するのは母乳経由となります。したがって、母親は産後にあっても十分な葉酸を摂るように気をつける必要があります。

夫婦

女の子の確率をあげるには

ハローベビーガールを使うと女の子が生まれやすくなり、男の子が生まれる失敗確率はわずか22%とされています。より女の子が生まれる確率をあげるには、排卵日を正しく知り、排卵2日前に性交をすることが大切です。

詳しく見る

カウンセリング

安心して受診できる

産婦人科では、胎児の状態や妊婦の状態を調べていきます。また、精神面も不安定になりやすいので、妊婦さんや家族に対して安心してもらうように支えてくれるでしょう。また、川崎などの病院では、更年期障害に悩む方へも診察してくれますよ。

詳しく見る

卵子

治療の方法とおすすめ

不妊治療を行っている医療機関は多く、特に都市部の大阪では有名な病院も見つけることが出来ます。不妊治療を行うことで、原因も分かり、妊娠するための適切な対策も行うことが出来ます。大阪は交通アクセスも良く、病院も多くあることも魅力です。

詳しく見る

女性

いつから利用するか

妊娠を希望する人にいいとされる成分に葉酸があります。既に妊娠をしている人にもいい影響を与えてくれますが、飲んですぐに影響が出てくるわけではありません。妊娠中や出産後にもいい影響が得られるよう、早めに飲み始めるようにしましょう。

詳しく見る

ママと赤ちゃん

成功率は80%

ハローベビーガールは、女の子を産み分ける事が出来る潤滑ゼリーです。膣の中を酸性にする事で、酸性に強いX染色体のみ生き残るので、女の子が生まれる確率がアップします。ただし失敗する確率が20%あります。少しでも成功率を上げるために、排卵日の2〜3日前に淡白なセックスを心掛けて使用してみて下さい。

詳しく見る