妊活を成功させるためのコツを知ろう【葉酸の摂取が特に重要】

女の子の確率をあげるには

夫婦

排卵日2日前に性交

日本では最初の赤ちゃんは育てやすいとされる女の子を希望する両親が多く、特に母親はほとんどが女の子を希望しています。しかし、男の子が生まれるか女の子が生まれるかは選択することができないので、運に任せるしかないと諦める人が多いですが、かなりの確率で女の子を生むことができる道具があります。その道具はハローベビーガールという潤滑ゼリーで、このハローベビーガールを使っていると、男の子が生まれてしまう失敗率は22%と、何も対処をしなければ半々になるので、失敗率の低さからハローベビーガールは女の子の産み分けに高い確率で成功していることになります。生まれてくる赤ちゃんが男の子になるか、女の子になるかは膣の中の酸性度の高さで決まります。酸性度が高くなると男の子の精子の動きが弱くなるので、女の子の精子が着床しやすくなります。ハローベビーガールを使っている人全体で失敗率が22%なので、より正しくハローベビーガールを使うことで失敗率をより下げることが可能です。赤ちゃんの性別を産み分けるには排卵日を正確に知ることが大切です。排卵日2日前から1日前は膣内は酸性ですが、排卵日当日になると膣内はアルカリ性となります。そのため、排卵日2日前に性交を行うのですが、成功前にハローベビーガールを使えば、もともと女の子が生まれる確率が高くなっている上にさらにハローベビーガールによって酸性度があがるため、男の子の精子が着床する確率がかなり下がり、女の子が生まれる確率が飛躍的にあがります。